佐々木 啓輔

今後やりたいこと

佐々木 啓輔 写真1

より大きな現場で仕事をしてみたいと思います。現場が大きいほど大変だろうけど、その分やりがいもあると思うので、いずれは大きい現場も任せられるようになりたいです。しかし、今はまだまだ覚えなければならない仕事もあります。例えば、同じ道路工事だとしても状況がそれぞれ違います。その状況に合った判断が必要となりますが、その判断力も足りません。今までの現場や今後の現場での経験を生かして成長していくようにがんばりたいと思います。

佐々木 啓輔 写真1 三角形1

特に思い入れのある現場

佐々木 啓輔 写真2

入社一年目に経験した豊川市民病院の外構工事の現場です。そのときは一から仕事を教えてもらいながらで大変苦労もしましたが、大きな現場で完成が近づくにつれて達成感のようなものを得られました。現場が大きい分インパクトも大きく、その現場が初めての現場だったこともあり、そこでモノづくりの楽しさを感じることが出来ました。

佐々木 啓輔 写真2

どんなシーンで仕事の醍醐味を感じるか

佐々木 啓輔 写真3

現場が完成したときです。道路工事を例にとるとと、現場が始まったばかりの段階ではあまり完成のイメージが湧きません。側溝などの構造物がひとつずつ終わるにつれて完成形も見えてきますし、舗装や外側線などのラインも終わって完成した現場を見たときにはやりがいを感じます。作るものは大きいものですが、現場ではミリ単位の細かい作業をしているので、最後にきれいに仕上がった現場を見ると本当に達成感があります。

佐々木 啓輔 写真3 三角形2

一日のスケジュール

  1. 出社

  2. 現場へ移動

  3. 朝礼

    ラジオ体操で体をほぐし、今日の作業内容の確認と作業毎にどのような危険が潜んでいるか予測して作業員の方々に安全指示を出す。

  4. 安全巡視

    作業開始前や作業中に危険な所が無いか、作業員が安全に作業しているかなど、現場の安全巡視を行う。

  5. 打ち合わせ

    昼休み前に協力業者の職長と明日の作業打ち合わせを行う。工事を円滑に安全に進めるために、作業手順や安全注意事項の確認を行う。

  6. お昼休憩

    仮設事務所や休憩所で昼食、仮眠をとる。

  7. 施工管理・進捗管理

    現場で施工を管理しつつ、工事の進捗が計画通りで問題ないかを日々チェックする。

  8. 測量

    現場の状況を調べたり、構造物の高さや位置の目印となる丁張を出す。

  9. 報告・相談

    現場事務所へ戻り、今日一日の作業内容や進捗状況など上司へ報告・相談しアドバイスをもらう。本日の作業内容を記録し、明日以降の予定を組み直す。

  10. データ整理

    施工結果を書類にまとまるなどの内業をする。施工写真を整理したり、次の日に必要なデータを出力する。

三角形1 三角形4